地区の紹介

・川越地区は、桜江町の東端に位置し、北・東は川本町に、南は邑南町に接し、東西11km、南北6kmの広がりのある地域です。地区内には標高差が500m以上あり、数多くの滝が存在します。特に観音滝(鹿賀地区)には多くの観光客が訪れ、駐車場やトイレ、遊歩道も整備されています。その他、地区内には松林宗恵記念館などの文化施設が立地しています。
・地区計画策定に当たり、少子高齢化や水害の発生など地域内のでの問題や困りごとを共有し、防災活動の推進や安心して暮らせる支援体制の推進など課題解決のための12の基本方針を策定し、各事業に取り組むこととしています。
・地域の景勝地を巡るウォーキングを行い、世代間交流とともに、地域の魅力の再発見、健康づくりを兼ねて地域の活性化につなげています。
・地区が河川や山林で分断される川越地区では、それぞれの集落単位でサロン活動を実施しています。地域のつながりや健康づくりの場を維持するためにコミュニティ協議会で支援しています。

主要推進組織

川越まちづくり協議会

郵便番号 699-4505
住所 島根県江津市桜江町坂本2025川越地域コミュニティ交流センター
電話番号 0855-93-0825
FAX 0855-93-0825
主要推進組織の説明 ・平成27年に「川越まちづくり協議会」が発足しました。
・「だれもが安心して快適に暮らせるまちづくり」を推進することを目的に各種活動を展開しています。
・地域をあげての防災活動に力をいれています。

同一モデル地区