平成28年度から、第4期中山間地域活性化計画に基づき、今後も安心して人々が住み続けることができるような日常生活を支える仕組みを考えていく「小さな拠点づくり」(「生活機能の確保」「生活交通の確保」「地域産業の振興」の3つの柱の仕組みづくり)に取り組んでいます。

県では「小さな拠点づくり」を進めるため、市町村及び県担当者、地域リーダー等を対象にした次のような研修会を企画・開催しています。

  • 市町村及び県担当者のスキルアップと体制づくりを進めるための担当者研修会
  • 地域おこし協力隊のスキルアップのための研修会
  • 「生活」「交通」「産業」3つの柱を中心としたテーマ別現地事例に基づく課題解決研修会
  • コミュニティビジネスの育成を支援する連続講座

その他、各専門分野「地域づくり」「ものづくり」「人づくり」「組織づくり」等で開催・計画されている「小さな拠点づくり」に向けた研修会の情報を提供しています。

 

 

令和元年度「小さな拠点づくり」に向けた分野別研修

令和元年度の研修の詳細は以下のダウンロードファイルをご参照ください。

(令和元年6月10日現在)