地区の紹介

・安来市比田地域は、安来市の最南部に位置し、地区の西側を国道432号が縦断している。また、中海に注ぐ飯梨川の源流地ともなっている。市の中心地からは約35Km隔てており、標高300mの地に比較的開けた盆地で、面積約38㎢の中に350余戸が点在する地域である。
・地域の南側は仁多郡や鳥取県日南町と接し、その間に屏風のごとく連なる比田連山の麓では棚田が広がり、そこで良質米の比田米が生産され、春夏秋冬、自然豊かな季節感あふれる山紫水明の地である。
・薬効の高い比田温泉、製鉄の神を祀る金屋子神社、吉備津彦の命を祀る比太神社、牛馬の守護神の縄久利神社、古刹の三つのお寺、坊床山や猿隠山、安来市指定の無形文化財比田踊り、頭打ちの田楽集団など、多彩な歴史・文化が継承され個性豊かな地域である。
・湯田山荘や『比田いきいき交流館』を活用しての特産品市場が賑わっている。
・いきいき比田の里活性化プロジェクト主体のもと、88の比田地域ビジョンを作成し、実働組織としてえーひだカンパニーを設立し、ビジョン実現のための活動を実施している。
・なお、モデル地区推進事業の推進母体として、比田地区と連携し、令和元年12月に『比田地区小さな拠点づくり推進協議会』を設立し、取組を進めている。

主要推進組織

えーひだカンパニー株式会社

ホームページ

郵便番号 692-0732
住所 島根県安来市広瀬町梶福留1268
電話番号 0854-26-4010
FAX 0854-26-4010
主要推進組織の説明 ・平成27年6月に地域ビジョンづくりを目指した『いきいき比田の里活性化プロジェクト』をスタート
・アンケート調査、先進地視察、ワークショップ(世代別、全体)の4つのステップを踏んで平成28年3月に88の比田地域ビジョンを完成
・平成28年8月、地域ビジョンを実現する組織として、『えーひだカンパニー』を設立
・平成29年3月、持続可能な組織となるために、住民出資により『えーひだカンパニー株式会社』として法人化
・構成員が各部門(総務部、生活環境部、比田米プロジェクト部、ひだガーデン部、ひだキッチン部、地域魅力部、定住促進部、販売管理部)に分かれて、ビジョン実現のための取組を実施

同一モデル地区